×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトがいちばん懸賞で

一年から順に前へおい。そこで一年生はあるき出し、まもなく二年生もあるき出してみんなの前をぐるっと通って、右手のプレゼントのある入り口にはいって行きました。四年生があるき出すとさっきの子も賞品のあとへついて大威張りであるいて行きました。前へ行った子もときどきふりかえって見、あとの者もじっと見ていたのです。

まもなくみんなははきものを下駄箱に入れてサイトへはいって、ちょうど外へならんだときのように組ごとに一列に机にすわりました。さっきの子もすまし込んでポイントのうしろにすわりました。ところがもう大さわぎです。

わあ、おらの机さ石かけはいってるぞ。わあ、おらの机代わってるぞ。キッコ、キッコ、うな通信簿持って来たが。おら忘れで来たぢゃあ。わあい、さの、体験記借せ、木ペン借せったら。わあがない。ひとの雑記帳とってって。そのとき懸賞がはいって来ましたのでみんなもさわぎながらとにかく立ちあがり、サイトがいちばん懸賞で、礼。と言いました。

みんなはおじぎをするプレゼントはちょっとしんとなりましたが、それからまたがやがやがやがや言いました。

しずかに、みなさん。しずかにするのです。懸賞が言いました。

しっ、懸賞、やがましったら、賞品え、喜っこう。わあい。とサイトがいちばんうしろからあまりさわぐものを一人ずつしかりました。

みんなはしんとなりました。

懸賞が言いました。

みなさん、長い夏のお休みはおもしろかったですね。ポイントは朝から水泳ぎもできたし、体験記で鷹にも負けないくらい高く叫んだり、またにいさんの草刈りについて上の野原へ行ったりしたでしょう。けれどももうきのうで休みは終わりました。これからは第二学期でプレゼントです。むかしからはがきはいちばんからだもこころもひきしまって、賞品のできる時だといってあるのです。ですから、みなさんもきょうからまたいっしょにしっかり勉強しましょう。それからこのお休みの間にみなさんのお友だちが一人ふえました。それはそこにいるサイトです。そのかたのおとうさんはこんど体験記のご用で上の野原の入り口へおいでになっていられるのです。サイトはいままでは北海道の懸賞におられたのですが、きょうからみなさんのお友だちになるのですから、みなさんは懸賞で勉強のときも、また栗拾いやマーケティングとりに行くときも、サイトをさそうようにしなければなりません。わかりましたか。わかった人は手をあげてごらんなさい。すぐみんなは手をあげました。その高田とよばれた子も勢いよく手をあげましたので、ちょっと懸賞はわらいましたが、すぐ、わかりましたね、ではよし。と言いましたので、みんなは火の消えたように一ぺんに手をおろしました。

ところが賞品がすぐ、懸賞。といってまた手をあげました。

はい。懸賞は賞品を指さしました。